1st session 終了しました。 Day 2016.8.5(Fri)18:00- at 江古田フライングティーポット 東京都練馬区栄町27-7 榎本ビルB1 西武池袋線江古田駅下車北口から徒歩3分 Ticket 予約2000(+1D) 当日2500(+1D) Tema 思考の痕跡 Guest 福島 諭 Profile 1977年新潟生まれ。作曲家。 新潟大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程卒業。 IAMAS(岐阜県立情報科学芸術大学院大学)修了。 2002年よりコンピュータ処理と演奏者との対話的な関係によって成立する作曲作品を発表。また、即興演奏とコンピュータによる独自のセッションを試みるバンド、Mimizのメンバー。2008年より濱地潤一氏との室内楽シリーズにも力を入れており、共同作曲作品《変容の対象》は2009年元旦より開始され現在も進行中である。この作品は第十七回文化庁メディア芸術祭「アート部門」審査委員会推薦作品に選出された。また、個人の作曲作品《patrinia yellow》において第十八回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 優秀賞(大賞なし)を獲得。日本電子音楽協会会員。作曲を三輪眞弘氏に師事。 [賞歴] 個人:2006 第一回 AACサウンドパフォーマンス道場 優秀賞 Mimiz:2006 ARS ELECTRONICA 2006 Digital Music Honorary Mention 個人:2011 第六回 JFC作曲賞 入選 福島諭+濱地潤一《変容の対象》:2013年 第十七回文化庁メディア芸術祭「アート部門」審査委員会推薦作品 選出 個人:2014 第十八回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 優秀賞