33歳 男 ギターを弾くようになって人生が豊かになりました。

29 6月

33歳 男 ギターを弾くようになって人生が豊かになりました。

・軽く自己紹介
 33歳の男です。私はギターを弾くようになって人生が豊かになりました。
・行動した経緯や時期
 私は、20歳くらいの頃、漫画家の柳沢きみお先生の描いた作品「大市民」シリーズを読んで、本作の主人公である山形鐘一郎さんがクラシック・ギターを弾くと人生が豊かになるという主張をしているのを読み、私もクラシック・ギターを弾いてみたくなり、私の住んでいたアパートの近くにある楽器屋さんで一番安い5000円くらいのクラシック・ギターと、クラシック・ギターの弾き方の教本を買って、クラシック・ギターの練習を始めました。まずは、クラシック・ギターの基本の弾き方のアルペジオの練習をしました。しかし、上手くできないので、数日間で練習を辞めてしまいました。その後、私は、数年間、ギターを弾かなかったですが、23歳くらいの時、私はヘビーメタルの音楽のファンになり、自分もヘビーメタル音楽を弾いてみたいと思い、通信販売のAmazonで一番安い6000円くらいのエレキギターと、エレキギターの弾き方の教本を買って練習しました。しかし、やはり上手く弾けず、数日間でギターを弾くことを辞めてしまいました。その後、また、私は数年間、ギターを弾かなかったのですが、私が25歳くらいの時、私の住む実家の近くにギター講師がいることを知り、ギター講師に教われば、ギターが上手くなると思い、そのギター講師のもとへ、月に2回通うようになりました。
・その時の心情
 そのギター講師は、全てのギターに共通するギターの基礎理論を1からしっかりと教えてくれました。そのおかげで、私は、ギターの仕組みを知り、コード理論やスケール理論などを理解し、コード表を見なくても、自分でそのコードを作れるようになりました。そのようになってくると、ギターを練習することが楽しくなってきて、毎日、少しづつですが、練習を続けることができるようになりました。そして、自分で気に入った曲を、YAMAHAの楽譜プリントで買って、弾き語りなどもできるようになり、ギターを弾くこと
で、自分のストレスを発散できるようになり、人生を豊かにできました。
・後悔していること
 もっと若い時から、ギター講師のもとで、ギターの勉強をしていれば、時間を無駄にせずにすんだと後悔しています。
・みている人にアドバイスがあるとしたら
 ギターは独学より、ギター講師に学んだ方が効率良く基礎から勉強できて、上手くなるスピードが速いと思うので、ギター講師に学ぶことは良い方法だと思います。

Bymu